ヘアサイクル(毛周期)

  1. HOME
  2. ヘアサイクル

ヘアサイクル(毛周期)の流れ


髪の毛は、「成長期」→「退行期」→「休止期」という一連の流れを経て最後は脱毛します。脱毛したらまた新しく生えてきて(休止期⇒成長期)このサイクルをくりかえします。

このサイクルをヘアサイクル(毛周期)といい、健康な髪は、以下のヘアサイクルを繰り返します。

左の図と合わせて解説していきます。  




髪の毛が成長を始めてから抜けるまでの過程

成長期(男性:3〜5年 女性:4〜6年)

成長期は、3段階に分かれます。
       
成長期1 髪が生まれる最初の段階で、頭皮の奥のほうで新しい髪がつくり始められます。古い髪が根元から離れた状態になります(髪の毛は頭皮に残っています)。
成長期2 頭皮の奥のほうで新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとします。この頃になると休止期の段階にある古い髪は簡単に抜け出るようになります。
成長期3 古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く太く成長する段階です。

髪は、成長期1〜3まで毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、一般(平均)的に男性なら3年から5年、女性なら4年から6年育ち続けます。

※髪の毛のおよそ80%〜90%がこの成長期の段階にあるといわれています。
※成長期が短く、すぐに退行期・休止期に向かう症状を男性の場合はAGA(男性型脱毛症)、女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)といっています。 

退行期(2〜3週間)

毛母細胞の細胞分裂が弱まり、髪の毛が成長しなくなる段階です。髪は毛乳頭から離れて完全に成長をやめるまで約2週間〜3週間かかります。

※髪の毛のおよそ1%ほどがこの退行期の段階にあるといわれています。

休止期(3〜5ヶ月)

毛母細胞の細胞分裂が停止すると休止期に入り脱毛が始まります。成長が止まった後は、髪の毛はだんだんと上に上がっていき、抜け落ちる準備をします。3〜5ヶ月間この状態が続き、頭皮の奥では新しい髪の毛の準備が始まっています。

※シャンプーやブラッシングで抜けるのは、殆どが休止期の段階にある髪です。
※髪の毛のおよそ10〜20%ほどがこの休止期の段階にあるといわれています。


私たちの髪の毛は個人差はあるものの平均約10万本あるといわれており、正常な人でも平均1日50本から100本の毛が抜け落ちています。

一方で毎日50から100本くらいの髪の毛が新たに生えてきますので髪の毛の成長サイクルが正常であれば極端に髪の毛が減ったり薄くなったりすることはありません。

生え際が後退しておでこの面積が広くなってくる現象や頭頂部が薄くなる現象、また髪の毛のハリやコシがなくなったりする男性型脱毛症(AGA)は、このヘアサイクル(毛周期)が何らかの理由で狂っているからだと考えられています。

つまり、何らかの原因で「成長期の期間」が短くなり、すぐに退行期へ向かう事態に陥っているのが原因なのです。本来の太くて丈夫な髪に育てるためには、この成長期の期間を伸ばすためヘアサイクルを正常化する必要があります。

男性型脱毛症(AGA)には、このヘアサイクルを正常へ戻すべく、すぐに退行期へ向かう原因を取り除き、毛母細胞などにしっかりと栄養を送り届けることで解決します。

但し、AGAの対策は、日常生活の改善だけではなかなか難しいと考えられています。これはAGAは一種の病的症状であるため別途しっかりしたAGA対策が必要であるためです。

育毛に良い生活習慣・食習慣を心がけながら、育毛シャンプー育毛剤育毛サプリメントなどでAGAに対抗する成分を取り入れ、ヘアサイクルをもとに戻していくなどの努力が不可欠となります。
  

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ