育毛剤の副作用

  1. HOME
  2. 育毛剤の副作用

育毛剤を使用した場合に起こり得る副作用


現在、インターネットやドラッグストアなどで販売されている日本の育毛剤の多くは、頭皮や身体に刺激や害をできるだけ与えないよう自然・天然の成分を使用しているため重篤な副作用は殆どないと考えられています。

一方で、ミノキシジル(日本の薬局で販売されているリアップ)やフィナステリド(日本の病院で処方されるプロペシア)などの医薬品は重篤な副作用リスクがありますので、店舗でも薬剤師の対面販売や、病院での医師の処方などが必要になっています。

副作用(症状)には以下のようなものがあります。

育毛剤使用時の副作用

頭皮の痒み・かぶれ・湿疹

頭皮の痒みやかぶれ・湿疹は、市販やネットで販売されている日本国産の育毛剤にも医薬品レベルのミノキシジルやフィナステリドなどの育毛剤にも起こり得る副作用の一つです。

市販やネットで販売されている日本国産の育毛剤における副作用は殆どがこの頭皮の痒み・かぶれ・湿疹です。

特に敏感肌の人に発症しやすい症状です。天然由来成分を使用した育毛剤でも肌に合わない人が存在します。軽い痒みなどは使い続けるうちに収まる場合がありますが、痒みが酷い場合や湿疹・かぶれなどの症状が出た場合は、使用を中止して医師や薬剤師などに相談してみることをお勧めします。

初期脱毛

初期脱毛という言葉は耳慣れない方も多いと思います。初期脱毛とは、育毛剤を使い始めたり変えたりした当初、一時的に脱毛症状が出る症状です。

毛根が活性化し、ヘアサイクルがリセットされ、正常なヘアサイクルに戻そうとする反動から起こるものと考えられています。

つまり抜けるべき毛は早目に抜けさせようとする働きです。全ての人に起こる症状ではありませんが、発症する場合は、一般的に1週間から1ヶ月ほど脱毛が続きます。

国内の市販やネット販売の育毛剤ではあまり発生することはないようですが、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品レベルの育毛剤では多くの人が初期脱毛を経験します。

初期脱毛が治まると通常はその後から以前より力強い髪の毛が生えてきます。

フィナステリド特有の副作用

フィナステリドは、米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つで、日本では、プロペシアという商品名で病院(クリニック)で処方されています。

AGAの治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

本来は前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛を確認できたことから発毛剤として用途が広がりました。

フィナステリドには、男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

フィスナステリド(プロペシア)の副作用としては、
・性欲減退
・勃起障害(ED)
・精子の減少
・肝機能障害
・うつ・倦怠感
などがあります。

どれもが確率的に数%というデータがありますが、実態は定かではありません。

勃起不全などは、服用を中止しても改善されないケースや後遺症が残るといったケースもあるようです。誰にも起こり得る副作用ですので使用には十分な注意が必要です。

特に女性の場合は、妊娠時のリスクを高めるとして、服用が禁止されているほか、触れるだけでも成分が体内に吸収される場合があるため、注意しなければならないとされています。

妊娠中の女性がフィナステリドを体内に取り込むと、男子胎児の生殖器官等の発育に影響を及ぼすおそれがあると言われています。これから子供を作ろうと考えている方は服用しないほうが無難です。

ミノキシジル特有の副作用

ミノキシジルとは日本の薬局に販売されているリアップ(大正製薬)の有効成分です。

もともと高血圧の経口薬(血管拡張剤:血圧降下剤)として開発された成分ですが、後に発毛効果が確認され、1980年代に世界で初めて脱毛治療薬として認可されました。

脱毛モードにある毛根や収縮した血管の再生を促し頭皮の血行改善の役割を果たし、発毛・育毛を促進します。

ミノキシジルの副作用としては、
・頭皮の痒み
・頭皮の炎症・湿疹
・眠気、倦怠感
・頭痛
・動悸、めまい、嘔吐
・体重増加
・肝機能障害
・多臓器不全
・むくみ
などがあります。

ミノキシジルについては、内服タイプ(ミノキシジルタブレット)と外用タイプがありますが、アメリカ食品医薬品局(FDA)では外用タイプのみ認めています。

内服タイプのミノキシジル(ミノキシジルタブレット)は重大な健康被害が出る可能性を否定できず、安全性が認められていないためです。

また、内服タイプのミノキシジルは、市販薬のイブプロフェンと併用することで副作用のリスクが上がったり重篤な問題を引き起こす可能性があるとして併用はNGとされています。

外用タイプも、ロゲイン(有効成分ミノキシジル)の開発段階や使用中に、薬品との因果関係は不明としながらも循環器系の副作用の報告が寄せられたといったこともあるようです。

どうしてもミノキシジルという方でも内服タイプ(ミノキシジルタブレット)の服用は避けることをおすすめします。

安全な育毛剤を使う

プロペシアやミノキシジルといった医薬品はできれば使用を避けた方が無難です。

特に、服用を中止すると服用前の状態まで戻ってしまう可能性が高いとされていますので効果を持続させるためには長期にわたり使用しなければならないリスクもあります。

実際、これまで医薬品を使用しながらもその副作用を実感して国内の安全な育毛剤に変更する方も急増しています。

国内の育毛剤は、人によっては、かぶれやかゆみ、湿疹といった副作用は起こる可能性がありますが、重篤な副作用は現在のところ確認されていません。

メーカーも競って安全性の高い有効な育毛剤を開発しています。

男性用の育毛剤ランキング

女性用の育毛剤ランキング
  

ランキング

評価したシャンプー・育毛剤

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ