毛乳頭と毛母細胞の働き

  1. HOME
  2. 毛乳頭と毛母細胞の働き

毛乳頭と毛母細胞の働きを活性化して発毛促進


育毛関連の記事やテレビのCMなどを見ていると、
・毛乳頭を活発化して育毛を促進
・毛母細胞を活性化して育毛を促進
といったフレーズをよく目にしたり耳にしたりします。

毛乳頭と毛母細胞は発毛・育毛に深い関わりがあるようですが、実際のところ理解している方は多くはありません。そこでそれぞれどのような働きがあるか見てみます。
 
毛乳頭とその働き

毛乳頭は、髪の毛の付け根部分に位置し、頭皮を張り巡らす毛細血管と直接接しています。

毛乳頭は、毛細血管内を通って流れてきた酸素やビタミン、水分などの栄養素などを受け取り、髪の毛の製造機関である毛母細胞に対して発毛・脱毛の指令(命令)を送ります。

毛乳頭と毛母細胞

注意すべきは、毛乳頭は毛母細胞に対して発毛指令だけでなく、時には脱毛指令も送るということです。

特にAGA(男性型脱毛症)を引き起こしてしまうと、毛細血管から運ばれてきた男性ホルモンが毛乳頭に存在する5αリダクターゼと結合してAGAの原因のもととなる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

さらに、DHTは毛乳頭内にある男性ホルモン受容体と結びついて、脱毛因子TGF-βを産出します。結果、毛乳頭は、毛母細胞に脱毛指令(FGF-5)を出し、成長期にある髪の毛を退行期・休止期へと移行させます。

毛母細胞とその働き

毛母細胞は、毛乳頭を取り囲むように位置し、毛乳頭から栄養素や指令を受け取り、時には発毛を促進したり時には脱毛を促進したりします。

発毛をする場合は、細胞分裂が活発になります。分裂した細胞は上へ上へと押し上げられ水分を失い髪の毛に変わっていきます。この事象を一般的に角化と言っています。

髪の毛は分裂した毛母細胞そのものなのです。

さらに毛母細胞は角化する段階で近くに存在するメラノサイトという機関からメラニン色素を受け取り、髪の毛に色を付けます。

メラノサイトと毛母細胞が活発に活動して角化された細胞がその色素をちゃんと取り込むことができれば、白髪になることなく黒くて丈夫で太い髪の毛が生えてくるという訳です。

エステの永久脱毛は、この毛母細胞を破壊することで毛が生えてこないようにする施術ですが、施術が完了するまでには(毛母細胞を破壊するためには)、何度も足を運ばなくてはなりません。毛母細胞はそれほど丈夫にできています。

一見、禿げていても毛母細胞はしっかり残っている場合が多いと言われています。

逆に毛母細胞が死滅すると、毛は生えてくることはありません。
この場合は、かつらや植毛などに頼らなければならないことになります。

毛乳頭と毛母細胞を活性化して発毛を促進

このように毛母細胞に栄養素と発毛指令を与える毛乳頭と毛乳頭から栄養素と発毛指令を受け取る毛母細胞の活性化、また強いて言うならば様々な栄養素を運んできてくれる毛細血管の血行促進の3つは発毛・育毛には不可欠であることがわかります。

販売されているシャンプーや育毛剤にはこの3点に着目し、それぞれの働きを活発化させるような成分んお配合に努めています。

尚、毛細血管は、加齢とともに減少していきます。

最近では、有酸素運動が毛細血管を増やすといったデータもあるようですので是非日常に有酸素運動をとり入れるようにしましょう。少し汗をかくくらいのウォーキングや軽めのジョギング・スイミングなどが効果的です。

但し、AGAを発症した場合は、残念ながらこれらの機関を活発化・活性化しただけでは、改善・治療が難しいと言わざるを得ません。

AGAの場合は、薄毛・抜け毛に発展していく理由が別のところにありますので、別途、育毛剤育毛サプリメントなどで有効な対応策が必要になります。
 

ランキング

評価したシャンプー・育毛剤

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ