ノンシリコンシャンプー

  1. HOME
  2. 育毛シャンプーに関する知識
  3. ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーが良い理由


ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは名前の通り成分にシリコンを含まないシャンプーをいいます。

一般的にシャンプーやリンスなどに配合されているシリコンは、髪の毛には浸透せず、髪のキューティクルに付着して髪の毛をコーティングする働きをします。

髪の毛の表面をコーティングすることで見た目の艶や指通りをなめらかにして髪の摩擦やダメージを軽減させる効果があります。

最近、このシリコンが、洗い流しが不十分な場合に頭皮の毛穴につまり育毛に影響を与えたり、育毛剤の浸透にも影響を与える、またパーマやヘアカラー、白髪染めにも影響を与えるなどとして、シリコンを使用しないノンシリコンシャンプーに人気が出てきています。

しかし、シリコンは、刺激性がなく無害とされています。

特にシャンプーの場合は、洗髪時の摩擦やきしみを軽減する目的で配合されているため、配合されているシリコンの分子量は一般的に小さく配合量も多くはありません。

毛穴に詰まって、正常な代謝を阻害するかということについても多くの実験で否定されています。大手メーカーの中にも、上記のような影響はないと主張しているところもあり、現時点でシリコンが髪や頭皮に悪影響を与えると断定することは早計なのかもしれません。

もっとも、リンスやトリートメントには分子量の大きいシリコンがたっぷり配合されている可能性がありますのでこの場合は注意が必要です。

尚、シリコンは吸着能力が高いため、髪から剥がれ落ちるときに、キューティクルまで一緒に剥がしてしまい、髪の毛を傷めるというデメリットはあります。

一般的にシリコンの成分表示名称として、
・ジメチコン
・シクロメチコン
・ジメチコノール
・シロキサン
・シロキ
・メチコン
・シリカ
などといった言葉が含まれている成分が該当しますが、近年の育毛シャンプー・スカルプシャンプーと言われるものには殆ど配合されなくなっています。

ノンシリコンシャンプーを選ぶ場合の注意点

いずれにしてもノンシリコンが悪いという見解はないのでノンシリコンシャンプーを選択する方が無難だと思います。

但し、シリコンを配合しない場合は、シリコンの
・髪に艶を与える
・髪のきしみを抑える
・指通りをよくする
といった利点が損なわれてしまいますのでそれに代わる成分を配合しなければなりません。

この場合は、シリコンの代わりに使われている成分に注意が必要です。

時としてシリコンに変わる成分がシリコンよりも害があるということもありますので、できるだけ安全な天然成分でシリコンの代わりを補っているものが望ましいと言えます。

特にシリコンの代わりに使われる
・ステアルトリモニウムクロリド
・ベヘントリモニウムクロリド
・ベンザルコニウムクロリド
・セトリモニウムクロリド
・ジステアリルジモニウムクロリド
・クオタニウム-18、33
といった低分子性カチオン活性剤が含まれていると注意が必要です。

低分子性カチオン活性剤は水に溶けることで髪のコーティング剤の役割をし、髪を滑らかにする働きがありますが、危険性が懸念されているラウレス硫酸やラウリル硫酸などの石油系合成界面活性剤よりもさらにタンパク質変性作用(タンパク質破壊作用)が強力です。

シリコンよりはるかに大きな負担を頭皮にかけてしまいますので注意しましょう。

ノンシリコンだから安全という思い込みは危険です。

また、シリコンに関して特に注意すべきは、ノンシリコンシャンプーを選択する場合は一緒に売られているトリートメントやコンディショナーなどに注意が必要です。

ノンシリコンシャンプーをうたいながら、トリートメントやコンディショナーにはシリコンがたっぷり入っているといった商品が意外に多いようです。

頭皮のことを考えた場合は、ノンシリコンで、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを選択することがいいと言えます。

当サイトでおすすめしている育毛シャンプーはノンシリコンアミノ酸系シャンプーを基本になおかつ効果の期待できる育毛成分を配合しているものを厳選しています。
  

関連ページ
育毛シャンプーの役割
育毛シャンプーには、普通のシャンプーも持つ髪の毛や頭皮についている汚れやホコリ、余分な皮脂を落とす役割に加えて頭皮ケア成分で頭皮の育毛環境を整える役割があります。

続きを読む


育毛シャンプーに期待できる効果
育毛シャンプーには、頭皮の環境を整えて薄毛の進行を遅らせたり、育毛にプラスに働きかけたり、またAGAの進行を緩やかにしたりする働きはあると考えられます。

続きを読む


育毛シャンプー選びのポイント
頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分でノンシリコン、かつ余計な成分を配合していないもので、自分の薄毛・抜け毛の原因にマッチした育毛成分が配合されているものがベストです。

続きを読む


育毛シャンプーでも注意したい成分
育毛シャンプー・スカルプシャンプーと言われるシャンプーの中でも特に高級アルコール系洗浄成分、シリコンに代わる成分、アルコール成分などに注意が必要です。

続きを読む


育毛シャンプーで薄毛対策
化学物質をはじめ合成香料やパラベン、着色料などを極力排除した育毛シャンプーで経皮毒のリスクを極力抑え、育毛環境を整えて薄毛や抜け毛のリスクに対抗することができます。

続きを読む


育毛シャンプー使用時の注意点
育毛シャンプーは、すぐに効果が確認できるものではありませんので、かゆみや炎症などのトラブルや特に支障がない限り数カ月(3ヶ月〜6ヵ月)は使ってみることをお勧めします。

続きを読む


シャンプーで脂汚れが落ちる仕組
シャンプーには、頭髪や頭皮についている埃やチリなどの汚れを落すだけではなく余分な皮脂などを落とす機能が求められます。水では落しきれない油汚れを落す仕組みを解説しています。

続きを読む


ノンシリコンシャンプー
洗い流しが不十分な場合にシリコンが頭皮の毛穴につまり育毛に影響を与えたり育毛剤の浸透にも影響を与えるとしてシリコンを使用しないノンシリコンシャンプーに人気が出ています。

続きを読む


アミノ酸系シャンプーの特徴
アミノ酸系シャンプーは泡立ちが弱かったり洗浄力が若干弱かったりしますが、昨今の良質な育毛シャンプーでは弱い泡立ちや洗浄力をカバーする天然成分を配合しているものが殆どです。

続きを読む


石鹸シャンプーの性質
石鹸は、天然素材で作られています。スッキリと爽快感を感じますが、高級アルコール系シャンプーと同じく、やや洗浄力が強すぎ、頭皮の皮脂を取りすぎる傾向にあります。

続きを読む


肌質で選ぶ育毛シャンプー
シャンプーには肌質に合わせて乾燥肌用、オイリー肌用と肌質に合わせて配合する成分を変えたものが販売されています。まずは自分の肌質がどのタイプかを知りましょう。

続きを読む


正しいシャンプーの仕方
日々のシャンプーの蓄積で頭皮環境は大きく変わっていきます。シャンプーで気を付けたいことは、「頭皮」をしっかり洗うことです。

続きを読む

 

ランキング

評価したシャンプー・育毛剤

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ