育毛シャンプー選びのポイント

  1. HOME
  2. 育毛シャンプーに関する知識
  3. シャンプー選びのポイント

育毛シャンプー選びのポイント


育毛シャンプー選びで最も重要なポイントは言うまでもなく
成分
使用感
価格(コストパフォーマンス)
です。

成分

おすすめはアミノ酸系シャンプー

皮脂を根こそぎ洗浄するシャンプーは頭皮環境に良くないということがわかってきました。

ときどき、シャンプーした後の頭皮の毛穴の写真を比較して皮脂がキレイに取り除かれたシャンプーに高い評価を与えている場合がありますが、これはあながち正しい評価とは言えないということがわかってきたのです。

その理由は、強すぎる洗浄力を持つシャンプーは、頭皮を保護するために不可欠な皮脂膜などを必要以上に取り除いてしまう可能性があるため、頭皮の乾燥を招き、ふけやかゆみ、抜け毛・薄毛の原因になる可能性があると言われているためです。

とはいえ、洗浄力が弱すぎてもシャンプーとしての存在価値がありません。

このようなことから、最近では
程よい洗浄力
適度な洗浄力
のあるシャンプーというのが良いシャンプーの条件に変わってきています。

程よく適度な洗浄力を持ったシャンプーの代表格はアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは、界面活性剤にアミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーで、程よい洗浄力と保湿力があり、頭皮や髪にやさしいとされています。頭皮のことを考えるのであれば、少し価格は高くなりますが、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

一方、石油系・高級アルコール系の界面活性剤を使用しているシャンプーは原料が安く低コストで製造できるため一般的に販売価格が安価です。ドラッグストアやスーパーなどで安価に大量に販売されています。

洗浄力が高く皮脂を取りすぎる傾向にあり、また肌への刺激が強いため、頭皮や髪に残ると頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。実際、近年販売されているスカルプケアシャンプー、育毛シャンプーといったシャンプーには、石油系・高級アルコール系の洗浄成分は配合が見送られる傾向にあります。

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naが高級アルコール系の界面活性剤としてよく使用されていますので成分表にこの「硫酸」という文字を発見したら要注意です。よく分からない怪しい成分名のときはネットで調べてみるのもいいでしょう。

ラウレス-4カルボン酸、ラウレス-5カルボン酸などというラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naと名前が似た煩わしい成分を見かけますが、こちらは問題ありません。ベビーシャンプーにも使われるほど刺激は低く安全性が高い成分です。
※4とか5の数字が低いほど低刺激となります。

ちなみに、
・ラウレス-4カルボン酸はブブカシャンプーに、
・ラウレス-5カルボン酸は、毛髪大作戦GPアロマシャンプー
という男性用育毛シャンプーなどに使用されています。

また、頭皮環境を整えるためには、保湿は不可欠です。特に、乾燥する季節やエアコンや紫外線などの外的刺激にさらされると頭皮は乾燥しやすくなってしまいます。

頭皮が乾燥してしまうと頭皮を守る保湿因子が不足し、刺激に弱くなり、血の巡りも悪くなるなどして、抜け毛の原因になるなど髪の毛の成長に悪影響を与えてしまいます。

アミノ酸系洗浄成分は高級アルコール系などに比べると潤いや保湿力に優れていますが、洗浄成分とは別に保湿成分を配合したシャンプーがよりベターです。

ノンシリコンシャンプー

最近はノンシリコンシャンプーというものに人気があります。ノンシリコンシャンプーとは名前の通り成分にシリコンを含まないシャンプーのことをいいます。

シリコンの有害性については意見の分かれるところですが、現在のスカルプケアシャンプー、育毛シャンプーと言われるものの殆どがノンシリコン仕様になっています。

しかし、ここで注意すべきはシリコンの代わりに配合されている成分です。

・ステアルトリモニウムクロリド
・ベヘントリモニウムクロリド
・ベンザルコニウムクロリド
・セトリモニウムクロリド
といった低分子性カチオン活性剤が使われているとラウレス硫酸やラウリル硫酸などの石油系合成界面活性剤よりもさらに頭皮へのダメージが大きくタンパク質変性作用(タンパク質破壊作用)が強力ですので注意が必要です。

これらのダメージ成分を配合していてもノンシリコンシャンプーとして販売されています。

無添加シャンプー

合成香料や着色料、防腐剤等、頭皮・毛髪に悪影響を及ぼす成分を使っていないものがおすすめであることは言うまでもありません。

育毛成分をしっかり配合

頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分で、かつ余計な成分を配合していない(無添加)シャンプーが基本で、その上で自分の薄毛・抜け毛の原因にマッチした育毛成分が配合されているものがベストです。

男性の場合は、薄毛・抜け毛の原因の95%がAGAであることからAGA対策成分の配合、女性の場合はホルモンバランスの乱れによる薄毛・抜け毛が大半であることからホルモンバランスの正常化にアプローチする成分を含んだものがおすすめです。

使用感

洗浄成分に頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用している場合、使用感については、
・泡立ちが少ない
・髪が軋む
・洗い上がりがスッキリ・サッパリしない
といった使用感になりがちです。

使用感を考慮した優秀な育毛シャンプーは、これらの弱点を天然の成分などでカバーしています。使用感は個人差がありますので実際に使用してみるのが一番ですが、ある程度は口コミなどで確認することができます。

程よい洗浄力と保湿力

皮脂を根こそぎ洗浄するシャンプーは良くないということがわかってきました。

強すぎる洗浄力は、頭皮の乾燥を招き、ふけやかゆみ、抜け毛の原因にもなりえます。しかし、洗浄力が弱すぎてもシャンプーとしての存在価値がありませんので、最近では「程よい洗浄力」「適度な洗浄力」のあるシャンプーという表現に変わってきています。

アミノ酸系シャンプーなど良質なシャンプーでは、強い洗浄力(脱脂力)のある界面活性剤は使用していませんので程よい洗浄力が期待できます。

ときどき、シャンプーした後の頭皮の写真を比較して皮脂がキレイに取り除かれたシャンプーに高い評価を与えている場合がありますが、これは正しい評価とは言えません。洗浄力の高いシャンプーは市販されている安価なシャンプーにもたくさんあります。

また、頭皮環境を整えるためには、保湿は不可欠です。特に、乾燥する季節やエアコンや紫外線などの外的刺激にさらされると頭皮は乾燥しやすくなってしまいます。

頭皮が乾燥してしまうと頭皮を守る保湿因子が不足し、刺激に弱くなり、血の巡りも悪くなるなどして、抜け毛の原因になるなど髪の毛の成長に悪影響を与えてしまいます。

価格(コストパフォーマンス)

アミノ酸系シャンプーは原料が高いため価格は少し高くなります。さらに育毛成分などを配合するとその分コストがかかり価格も高くなりますが、家計に合わせた継続しやすい価格のシャンプーを選ぶことも重要です。

中には400ml:4000円・5000円といったものもありますが短髪の方でしたら2〜3ヶ月はもちますので、月額コストに換算してランニングコストを割り出しましょう。

育毛(将来の頭髪)のためにひと月いくらまでと決めてシャンプーやその他の頭髪関連商品に投資してみるのもよいでしょう。

見かけの5割以上は髪とも言われています。髪の量で見た目の年齢も随分違ってきます。

髪はいずれ深刻な悩みになるかもしれない大切なものですので、はやめに対策を打っておくことが重要で、長い目で見ると髪の毛にかけるコストも少なくなると思われます。

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング 女性用
  

関連ページ
育毛シャンプーの役割
育毛シャンプーには、普通のシャンプーも持つ髪の毛や頭皮についている汚れやホコリ、余分な皮脂を落とす役割に加えて頭皮ケア成分で頭皮の育毛環境を整える役割があります。

続きを読む


育毛シャンプーに期待できる効果
育毛シャンプーには、頭皮の環境を整えて薄毛の進行を遅らせたり、育毛にプラスに働きかけたり、またAGAの進行を緩やかにしたりする働きはあると考えられます。

続きを読む


育毛シャンプー選びのポイント
頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分でノンシリコン、かつ余計な成分を配合していないもので、自分の薄毛・抜け毛の原因にマッチした育毛成分が配合されているものがベストです。

続きを読む


育毛シャンプーでも注意したい成分
育毛シャンプー・スカルプシャンプーと言われるシャンプーの中でも特に高級アルコール系洗浄成分、シリコンに代わる成分、アルコール成分などに注意が必要です。

続きを読む


育毛シャンプーで薄毛対策
化学物質をはじめ合成香料やパラベン、着色料などを極力排除した育毛シャンプーで経皮毒のリスクを極力抑え、育毛環境を整えて薄毛や抜け毛のリスクに対抗することができます。

続きを読む


育毛シャンプー使用時の注意点
育毛シャンプーは、すぐに効果が確認できるものではありませんので、かゆみや炎症などのトラブルや特に支障がない限り数カ月(3ヶ月〜6ヵ月)は使ってみることをお勧めします。

続きを読む


シャンプーで脂汚れが落ちる仕組
シャンプーには、頭髪や頭皮についている埃やチリなどの汚れを落すだけではなく余分な皮脂などを落とす機能が求められます。水では落しきれない油汚れを落す仕組みを解説しています。

続きを読む


ノンシリコンシャンプー
洗い流しが不十分な場合にシリコンが頭皮の毛穴につまり育毛に影響を与えたり育毛剤の浸透にも影響を与えるとしてシリコンを使用しないノンシリコンシャンプーに人気が出ています。

続きを読む


アミノ酸系シャンプーの特徴
アミノ酸系シャンプーは泡立ちが弱かったり洗浄力が若干弱かったりしますが、昨今の良質な育毛シャンプーでは弱い泡立ちや洗浄力をカバーする天然成分を配合しているものが殆どです。

続きを読む


石鹸シャンプーの性質
石鹸は、天然素材で作られています。スッキリと爽快感を感じますが、高級アルコール系シャンプーと同じく、やや洗浄力が強すぎ、頭皮の皮脂を取りすぎる傾向にあります。

続きを読む


肌質で選ぶ育毛シャンプー
シャンプーには肌質に合わせて乾燥肌用、オイリー肌用と肌質に合わせて配合する成分を変えたものが販売されています。まずは自分の肌質がどのタイプかを知りましょう。

続きを読む


正しいシャンプーの仕方
日々のシャンプーの蓄積で頭皮環境は大きく変わっていきます。シャンプーで気を付けたいことは、「頭皮」をしっかり洗うことです。

続きを読む

 

ランキング

評価したシャンプー・育毛剤

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ