育毛シャンプーの役割

  1. HOME
  2. 育毛シャンプーに関する知識
  3. 育毛シャンプーの役割

育毛シャンプーの主な役割


シャンプーの役割

シャンプーには、主に次の3つの役割があります。

1.髪の毛についている汚れやホコリ、ワックスなどのスタイリング剤などを落とす
2.頭皮についている汚れやホコリ、余分な皮脂を落とす(頭皮臭の改善)
3.頭皮のマッサージ

髪の毛や頭皮に付着したホコリや汚れは、シャンプー前のぬるま湯による予備洗いの段階で殆ど落とすことができます。

わざわざシャンプーという洗浄剤を使って髪を洗う理由は、髪の毛や頭皮に付着したホコリや汚れを落すことに加えてお湯だけではなかなか落としきれない髪の毛や頭皮に付着した整髪料などの油汚れや余分な皮脂汚れを落とすためです。

頭皮の洗浄

シャンプーには、頭皮の汚れやホコリを落とす役割と油汚れや皮脂を洗浄する役割がありますが、特に頭皮の皮脂を落とす役割は重要です。

頭皮の皮脂は、毛乳頭と表皮の中間あたりに存在する皮脂腺という部位から分泌されています。

頭皮の皮脂腺の数は皮脂腺が多いといわれるTゾーン(額から鼻先にかけてのライン)の2倍以上存在すると言われ、皮脂の量は、Tゾーン部分のおよそ2倍に相当すると言われています。

頭皮と髪の構造

本来、皮脂は身体に必要なため分泌されています。適度な皮脂は頭皮環境を良好な状態に守るために不可欠ですが、過剰な皮脂は頭皮に悪影響を与えますし、そのまま放置していれば頭皮臭の原因になったり酸化して頭皮への刺激物となったりします。

従って、日々のシャンプーで適度に皮脂を取り除いてやる必要があります。

皮脂の役割

皮脂は汗と混ざることで皮脂膜へと変化し、以下のような重要な働きをします。

1.必要以上の水分の蒸発を防ぐ(保湿効果)
2.外部の刺激から頭皮を保護する
3.頭皮を弱酸性に保つことで雑菌の繁殖を抑える(抗菌)

本来、このような重要な働きのある皮脂(油分)ですが、必要以上に多かったり、長い時間放置したままにするのも良くありません。

余分な皮脂を落とさなければ、頭皮臭の原因になったり、皮脂が酸化して頭皮に余計な刺激を与えたり、また、皮脂が毛穴に詰まったりして髪の成長を妨げかねないのも事実です。

かといって皮脂を必要以上に取り除くと頭皮の乾燥を招き、外部からのダメージを受けやすくなります。また、皮脂の量が一定以下に減ってしまうと身体がそれを補おうと、さらに皮脂を分泌しようと働いてかえって皮脂の過剰分泌を招く場合もあり、脂漏性脱毛などの脱毛症の原因ともなってしまう場合もあります。

シャンプーに求められるのは適度な洗浄力です。

育毛や発毛にとっても皮脂量は多すぎても少なすぎても良くなく適量が求められます。

タバコやアルコールが育毛によくないとされる理由の一つが、これらが、皮脂の分泌バランスを崩すためだと言われています。

最近では、スカルプシャンプー、育毛シャンプーといった名前で頭皮のことを考えたシャンプーが販売され、強い洗浄力を持つアルコール系界面活性剤を使用したシャンプーから適度な洗浄力を持つアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーへと移行していっています。

頭皮のマッサージ

意外と意識されていないのが、シャンプーによる頭皮のマッサージです。

もともとシャンプーの語源は「マッサージ」と言われています。

温水とマッサージで頭皮を刺激することで頭皮にリラックス効果を与え、温水とマッサージ、シャンプーの香りで心にもリラックス効果を与えることができます。

育毛シャンプーの役割

育毛シャンプーには、普通のシャンプーも持つ髪の毛や頭皮についている汚れやホコリ、余分な皮脂を落とす役割に加えて頭皮ケア成分で頭皮の育毛環境を整える役割があります。

普通のシャンプーにも頭皮ケアを意識して保湿成分や抗菌成分などを配合しているものがありますが、育毛シャンプー、スカルプケアシャンプーと言われるものはそういった成分に重点を置き充実させている傾向があります。

特に、育毛シャンプー、スカルプケアシャンプーと言われるものの殆どは、シャンプーの要である洗浄成分に頭皮に悪影響を与える石油系(高級アルコール系)の界面活性剤を使用しておらず適度な洗浄力を実現するために頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を使っています。

さらに、合成香料や着色料、パラベン(防腐剤)、シリコンといった頭皮に悪影響を与える成分も極力排除しています。

近年は、洗浄成分に加えて育毛環境を整えるべく育毛成分を配合した育毛シャンプー、スカルプシャンプーといったものがブームです。

頭皮ケア成分としては、一般的には、抜け毛予防や育毛を促すために、男性の場合はAGA対策成分、女性の場合はホルモンバランスの正常化に働きかける成分を配合したものが多く見受けられます。特に最近は、本来であれば育毛剤レベルに配合している成分などを配合した育毛シャンプーも販売されてきています。

当サイトでは、優れた頭皮ケア成分で構成された育毛シャンプーについて男性用と女性用に分けてランキング形式で紹介しています。

育毛シャンプー ランキング
  


関連ページ
育毛シャンプーの役割
育毛シャンプーには、普通のシャンプーも持つ髪の毛や頭皮についている汚れやホコリ、余分な皮脂を落とす役割に加えて頭皮ケア成分で頭皮の育毛環境を整える役割があります。

続きを読む


育毛シャンプーに期待できる効果
育毛シャンプーには、頭皮の環境を整えて薄毛の進行を遅らせたり、育毛にプラスに働きかけたり、またAGAの進行を緩やかにしたりする働きはあると考えられます。

続きを読む


育毛シャンプー選びのポイント
頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分でノンシリコン、かつ余計な成分を配合していないもので、自分の薄毛・抜け毛の原因にマッチした育毛成分が配合されているものがベストです。

続きを読む


育毛シャンプーでも注意したい成分
育毛シャンプー・スカルプシャンプーと言われるシャンプーの中でも特に高級アルコール系洗浄成分、シリコンに代わる成分、アルコール成分などに注意が必要です。

続きを読む


育毛シャンプーで薄毛対策
化学物質をはじめ合成香料やパラベン、着色料などを極力排除した育毛シャンプーで経皮毒のリスクを極力抑え、育毛環境を整えて薄毛や抜け毛のリスクに対抗することができます。

続きを読む


育毛シャンプー使用時の注意点
育毛シャンプーは、すぐに効果が確認できるものではありませんので、かゆみや炎症などのトラブルや特に支障がない限り数カ月(3ヶ月〜6ヵ月)は使ってみることをお勧めします。

続きを読む


シャンプーで脂汚れが落ちる仕組
シャンプーには、頭髪や頭皮についている埃やチリなどの汚れを落すだけではなく余分な皮脂などを落とす機能が求められます。水では落しきれない油汚れを落す仕組みを解説しています。

続きを読む


ノンシリコンシャンプー
洗い流しが不十分な場合にシリコンが頭皮の毛穴につまり育毛に影響を与えたり育毛剤の浸透にも影響を与えるとしてシリコンを使用しないノンシリコンシャンプーに人気が出ています。

続きを読む


アミノ酸系シャンプーの特徴
アミノ酸系シャンプーは泡立ちが弱かったり洗浄力が若干弱かったりしますが、昨今の良質な育毛シャンプーでは弱い泡立ちや洗浄力をカバーする天然成分を配合しているものが殆どです。

続きを読む


石鹸シャンプーの性質
石鹸は、天然素材で作られています。スッキリと爽快感を感じますが、高級アルコール系シャンプーと同じく、やや洗浄力が強すぎ、頭皮の皮脂を取りすぎる傾向にあります。

続きを読む


肌質で選ぶ育毛シャンプー
シャンプーには肌質に合わせて乾燥肌用、オイリー肌用と肌質に合わせて配合する成分を変えたものが販売されています。まずは自分の肌質がどのタイプかを知りましょう。

続きを読む


正しいシャンプーの仕方
日々のシャンプーの蓄積で頭皮環境は大きく変わっていきます。シャンプーで気を付けたいことは、「頭皮」をしっかり洗うことです。

続きを読む

 

ランキング

男性用育毛シャンプー

女性用育毛シャンプー

男性用育毛剤

女性用育毛剤

育毛サプリメント

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ