シャンプーに含まれる成分とその特徴

  1. HOME
  2. シャンプーに含まれる成分とその特徴

シャンプーに含まれる成分とその特徴


一般的なシャンプーによく配合されている成分の簡単な解説です。

医薬部外品(薬用)のシャンプーを除くシャンプーの成分表示は、配合量の多い成分から順に記載されています。表示されている順位が前である成分ほど濃度が高くなります。

以下は成分の特性について解説していますが、その成分の記載が成分表の後方にある場合は、さほど神経質になる必要はありません。逆に成分表の上位に記載されている成分はその成分の特性の影響を強く受けますので参考にして下さい。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、泡立ちは良いのですが、洗浄力が高く必要以上に脱脂します。ラウレス硫酸Na等の高級アルコール系洗浄剤と比較すると刺激性はやや弱いものの皮膚刺激・タンパク質変性作用(タンパク質を破壊する働き)があるので、乾燥肌の方や頭皮がデリケートな方、薄毛・抜け毛が気になっている人は注意が必要です。特にメイン成分(成分表示順で初めから3番名以内くらい)として使われている場合は要注意です。頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーの中にもこの成分が使われているシャンプーは多く存在します。モンゴ流シャンプー、S-1無添加シャンプーなどに配合されています。

加水分解シルク
加水分解シルクは、天然の蚕(かいこ)の絹繊維を構成するタンパク質を加水分解して得られる可溶性タンパク質成分です。吸着性・浸透性が強く皮膜形成効果によって傷んだ髪を補修し、ハリ・コシ・艶を与えます。安全性が高く優れた保湿効果や紫外線などの外部ストレスを受けた場合の皮膚のバリア機能低下を予防する効果があります。女性用のシャンプーに配合されている場合が多く見られます。

コカミドプロピルベタイン
両性界面活性剤。原材料はヤシの実のオイルで天然由来成分の割には優れた洗浄力を持つという特徴があります。泡立ちが良く保湿力も高いためしっとりとした洗い上がりにしてくれるのも特徴の一つです。低刺激でアレルギーも少なく安全性が高いため化粧品や洗顔料のほか、ベビー用シャンプーにも配合されています。他の刺激成分の緩和作用やコンディショニング効果にも優れています。

コカミドDEA
ヤシ油を原材料とした非イオン性の界面活性剤です。洗浄力は高くありませんが、起泡や増粘などの効果が期待でき、クリーミーな泡立ちが特徴的でシャンプーのほか、洗顔料やボディーソープにも使われます。1990年代後半に発がん性成分との指摘がありましたが、現在に至るまでその因果関係は解明されていません。適量であれば問題ないと思われますが、配合量が多い場合は人によっては相性が悪い場合があるため、コカミドDEAの配合量の多いシャンプー(成分表示で最初から2〜3番目以内)を使用してみて違和感を感じるようであれば、使用を避けたほうが良いかもしれません。

ココアンホ酢酸Na
天然成分を原料としたベタイン系の両性界面活性剤です。温泉などの硬水中でも洗浄力や起泡力が落ちにくい洗浄剤です。刺激がマイルドで保湿作用があり、油脂を乳化させる作用があるため主に乳化剤・コンディショニング剤として配合されます。シャンプーやコンディショナーの他にも整髪料やヘアトニック、ヘアローション、乳液などにも配合されます。帯電防止効果も期待できることから、柔軟剤としても利用されています。

ココイルグルタミン酸TEA
ココイルグルタミン酸TEAは、ヤシ油由来のアミノ酸洗浄剤です。刺激が弱い界面活性剤の一つで、泡立ちもほど良く洗浄力は強すぎず、肌に必要な栄養分を残しながらマイルドに汚れを落とします。頭皮に優しい低刺激の洗浄成分でありながら優れたコンディショニング効果や吸着性を備えており、ダメージを受けている髪の表面に吸着して皮膜を作り髪の毛を保護する働きやキューティクルの乱れを修復する効果があります。コストが高い成分ですが、低刺激で毒性や副作用の心配も少ないため頭皮にはおすすめの成分です。

ココイルメチルタウリンNa
ヤシ油とタウリン誘導体で構成されるアニオン界面活性剤です。性質がアミノ酸に似ているため、アミノ酸系洗浄成分に分類されることもあります。適度な洗浄力を持ち、泡立ちも良く低刺激で安全性が高い成分でフケを改善するとも言われています。洗い上がりはさっぱりしていてしなやかにふんわり仕上がりますが、高価な成分の一つです。

トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースは、主に増粘剤または感触調整剤として使用される成分です。シャンプーやリンスのほか、クレンジングジェルやボディーソープ・石鹸などにも配合されています。刺激性が低く安全性も高いため乳幼児や敏感肌の方も安心して使用できます。保湿性が高いため乾燥肌にも適しています。

ラウラミドDEA
ノニオン(非イオン性)界面活性剤です。ヤシ油やパーム油を原材料としてラウリン酸とジエタノールアミンを合成して作られます。シャンプーでは、増粘性(粘り気)が高くなり、泡立ちが良くなります。シャンプーなどの泡立ちの悪さや刺激緩和・泡の安定性の向上のためにこの成分を使用することがあります。

ラウリル硫酸Na
アニオン(陰イオン)界面活性剤です。泡立ちが良く非常に強い洗浄力(脱脂力)があり、刺激が強いのが特徴です。分子量が非常に小さいため、頭皮の毛穴から浸透して刺激物になり経皮毒が懸念されています。また、タンパク質変性作用(タンパク質を破壊する働き)もあるので注意が必要です。必要以上に皮脂などを落としてしまうため、肌や髪を乾燥させ、無防備な状態にしてしまいますの薄毛・抜け毛のリスクも高くなると考えられています。

ラウレス硫酸Na
ラウリル硫酸Naと同じく非常に強い脱脂力を持つアニオン(陰イオン)界面活性剤です。泡立ちが良く強い洗浄力があり、刺激が強くタンパク質変性作用(タンパク質を破壊する働き)もあるのが特徴ですが、ラウリル硫酸Naの分子量を大きくして浸透性を抑えています。ラウリル硫酸Na同様、原価が安いため、市販の安価なシャンプーに配合されています。

ラウレス-4カルボン酸Na
ラウレス-4カルボン酸Naは、植物から抽出したアルコールと酢酸で作った弱酸性の石鹸系洗浄成分です。ラウレス硫酸Naと名前が似てますが全く別物で、泡立ちが良く洗浄力が高いのに刺激が弱いいう高性能な成分です。安全性が高く頭皮にも優しい成分ですが、脱脂力がやや高めなのでオイリー肌向けの成分です。乾燥肌やフケや痒みで悩んでいる方は、この成分を配合したシャンプーを使用する際は注意が必要です。

ラウロイルサルコシンNa
アミノ酸系界面活性剤。他のアミノ酸系洗浄成分と同様に保湿効果はありますが、殺菌性があり硫酸系と同等の洗浄力を持ちます。脱脂力が強く皮膚刺激もあることから人によっては痒みやかぶれの原因となる場合があり、旧表示指定成分に指定されていました。近年はメイン成分として使用されることは少なくなってきています。
ヘアリプロに使われています。

POEラウリルエーテル酢酸Na
石鹸系界面活性剤。他のアミノ酸系洗浄成分と比較して洗浄力が高いのですが、硫酸系と比較して皮膚刺激や脱脂力は緩和されているのが特徴です。洗浄力が高く刺激が少ないため、バランス的に優れた洗浄剤と言えますが、乾燥肌や敏感肌の方は注意が必要です。

男性用育毛シャンプーのランキング

女性用育毛シャンプーのランキング
   

ランキング

評価したシャンプー・育毛剤

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ