育毛シャンプーで薄毛対策

  1. HOME
  2. 育毛シャンプーに関する知識
  3. 育毛シャンプーで薄毛対策

シャンプーと薄毛


抜け毛が多い人や薄毛の人は、毎日使っているシャンプーを疑ってみることも必要です。

多くの人が日常使われる様々な製品を通じて、知らず知らずのうちに身体の中に有害な化学物質を取りこんでいると言われています。

経皮毒とは?

人間が物質を体内に取り込む経路は、
・飲食物などを口から取り入れる「経口吸収」
・呼吸によって取り入れる「経気道吸収」
・皮膚から吸収する「経皮吸収」
の3つがあります。

経皮毒は、このうち皮膚から吸収する「経皮吸収」によって有害な物質を体内に取り入れてしまうことを言います。

尚、経皮毒については専門家でも賛否両論あり現在でも意見が分かれているところです。

飲食物などを口から取り入れた化学物質はその殆どが肝臓などの器官を通して分解されて排出されてしまいますが、皮膚から吸収された化学物質は10日経ってもその10%ほどしか排出されないと言われています。

シャンプーやリンス、トリートメント、育毛剤などにも様々な化学成分が配合されており経皮毒の危険性が指摘されています。歯磨き粉、化粧品、入浴剤などもそうです。

頭皮は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできており、外部からの侵入を防ぐバリア機能の役割を果たしていますが、経皮毒のリスクを唱える側からすると、化学物質は分子量が小さく皮膚から吸収されやすいと考えられています。

シャンプーと薄毛

経皮毒のリスクは専門家でも賛否両論あり意見が分かれていますが、経皮毒の危険性が疑われるものとしてシャンプーも例外ではありません。

特にお風呂などで身体が温まっている場合、経皮毒の吸収率は約10倍になると言われていますので深刻です。

近年、毒性が高いとされるラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系洗浄成分などの洗浄成分が敬遠されたり天然成分が重宝されているのは、経皮毒のリスクが考えられるためという側面もあります。

これらラウリル硫酸Naなどは、細胞膜が通す分子量サイズより分子量サイズが小さく、皮膚から浸透しやすいと考えられています。

つまり、これらの化学物質を頭皮から吸収することで頭皮環境に悪影響を及ぼし、薄毛や抜け毛のリスクを高めるという理論です。

そもそもラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系洗浄成分は、脱脂力が強く肌への刺激が強い点、またタンパク質変性作用(破壊作用)で頭皮環境にはマイナスとされていますが、経皮毒のリスクを加えるとさらに薄毛リスクが高くなるという訳です。

薄毛対策には常日頃から使っているシャンプーを見直すことから始めましょう。

育毛シャンプーで薄毛対策

経皮毒のリスクの真実性はどうであれ、危うきには近寄らずで経皮毒のリスクを避けることによるデメリットはありません。

化学物質をはじめ合成香料やパラベン、着色料などを極力排除した育毛シャンプーでもAGAが原因の薄毛対策としては力不足ですが、経皮毒のリスクを極力抑え、頭皮環境をより健全にして育毛環境を整えるという点では薄毛や抜け毛のリスクに対抗することができます。

シャンプーを購入する場合は、まずはボトルの裏面にある成分表をチェックします。

まずは「硫酸」とい文字がないかをチェックし、できれば香料や着色料、パラベンといった文字もないものを選ぶようにしましょう。

また、乾燥肌用、オイリー肌用といったシャンプーもあり自分の肌の状態に合っていないシャンプーを使うことで薄毛を招くリスクがありますが、アミノ酸系シャンプーであれば肌に優しいため乾燥肌用・オイリー肌用といったものにさほど神経質になる必要はありません。

最近では、3分間ヘアパックや泡パックが可能といった育毛シャンプーも出てきていますが、経皮毒のリスクを考えるとあまり推奨できないというのが当サイトの見解です。

尚、それだけ成分に自信があるという面においては、他のシャンプーより安全性が高いという評価を与えることはできると思います。

薄毛対策に育毛シャンプー
  

関連ページ
育毛シャンプーの役割
育毛シャンプーには、普通のシャンプーも持つ髪の毛や頭皮についている汚れやホコリ、余分な皮脂を落とす役割に加えて頭皮ケア成分で頭皮の育毛環境を整える役割があります。

続きを読む


育毛シャンプーに期待できる効果
育毛シャンプーには、頭皮の環境を整えて薄毛の進行を遅らせたり、育毛にプラスに働きかけたり、またAGAの進行を緩やかにしたりする働きはあると考えられます。

続きを読む


育毛シャンプー選びのポイント
頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分でノンシリコン、かつ余計な成分を配合していないもので、自分の薄毛・抜け毛の原因にマッチした育毛成分が配合されているものがベストです。

続きを読む


育毛シャンプーでも注意したい成分
育毛シャンプー・スカルプシャンプーと言われるシャンプーの中でも特に高級アルコール系洗浄成分、シリコンに代わる成分、アルコール成分などに注意が必要です。

続きを読む


育毛シャンプーで薄毛対策
化学物質をはじめ合成香料やパラベン、着色料などを極力排除した育毛シャンプーで経皮毒のリスクを極力抑え、育毛環境を整えて薄毛や抜け毛のリスクに対抗することができます。

続きを読む


育毛シャンプー使用時の注意点
育毛シャンプーは、すぐに効果が確認できるものではありませんので、かゆみや炎症などのトラブルや特に支障がない限り数カ月(3ヶ月〜6ヵ月)は使ってみることをお勧めします。

続きを読む


シャンプーで脂汚れが落ちる仕組
シャンプーには、頭髪や頭皮についている埃やチリなどの汚れを落すだけではなく余分な皮脂などを落とす機能が求められます。水では落しきれない油汚れを落す仕組みを解説しています。

続きを読む


ノンシリコンシャンプー
洗い流しが不十分な場合にシリコンが頭皮の毛穴につまり育毛に影響を与えたり育毛剤の浸透にも影響を与えるとしてシリコンを使用しないノンシリコンシャンプーに人気が出ています。

続きを読む


アミノ酸系シャンプーの特徴
アミノ酸系シャンプーは泡立ちが弱かったり洗浄力が若干弱かったりしますが、昨今の良質な育毛シャンプーでは弱い泡立ちや洗浄力をカバーする天然成分を配合しているものが殆どです。

続きを読む


石鹸シャンプーの性質
石鹸は、天然素材で作られています。スッキリと爽快感を感じますが、高級アルコール系シャンプーと同じく、やや洗浄力が強すぎ、頭皮の皮脂を取りすぎる傾向にあります。

続きを読む


肌質で選ぶ育毛シャンプー
シャンプーには肌質に合わせて乾燥肌用、オイリー肌用と肌質に合わせて配合する成分を変えたものが販売されています。まずは自分の肌質がどのタイプかを知りましょう。

続きを読む


正しいシャンプーの仕方
日々のシャンプーの蓄積で頭皮環境は大きく変わっていきます。シャンプーで気を付けたいことは、「頭皮」をしっかり洗うことです。

続きを読む

 

ランキング

男性用育毛シャンプー

女性用育毛シャンプー

男性用育毛剤

女性用育毛剤

育毛サプリメント

育毛シャンプーの知識

育毛剤の知識

髪の毛の知識

発毛・育毛の知識

育毛成分の知識

Copyright (C) 育毛商品 おすすめ ランキング All Rights Reserved. 当サイトについて ランキング順位 サイトマップ



▲TOPへ